臓物記念公園

簡単に見つかるオアシスは蜃気楼。熱せられた砂を掘り、指先の痛みに耐えて見つけた湧き水だからこそ魂を潤し、止まりかけたキャラバンの背中を押した…やがて君たちは星に導かれ、真のスターとして漆黒の闇に光を放つことを、俺は約束する。

にじさんじへの既視感

 リアル社畜メンヘラ療養中おじさんの青腸です!畜生世間が憎い!眠剤で意識がぴょんぴょんするんじゃ!

 こんなキャッチーな挨拶でユーチューバデビューしたいんですよ。

 無理だね舌噛んで死んだ方がマシ。

 

 滑ったところで本題に入っていきますね。

 

 今、破竹の勢いでバーチャルユーチューバの集団が勢力をのばしております。

 運営は株式会社いちからが企画するにじさんじの一同です。

https://www.ichikara.co.jp/official

 まるでハイローのマイティーウォーリアーズ、ネットの湾岸地区を一挙に制圧したような印象です。

 アプリの宣伝に素人を使って同時多発に動画配信を仕掛ける、手数の暴力ともいえる恐るべきプロモーションなんでしょうか?

 私はベンチャー怖いって戦慄する限りです。

 くわばらくわばら。

 

 

 そんなにじさんじの企画にふと私は既視感を覚えました。

これガチンコじゃけぇの!?


f:id:ytarou588:20180406045309j:image

 ひと昔前にTBS系で放送されていたバラエティー番組ガチンコの企画に似てるんですよ。

 素人に暖簾分けをエサにラーメン作らせたり、素人のヤンキーにボクシングを仕込んでボクシングのプロテスト受けさせたり、そんなイカれた企画をメインパーソナリティーで纏めていたのが、ダッシュ村でお馴染みのTOKIOです。山口さんがヤンキーと口喧嘩する下りが、もうちゃんちゃら可笑しくて毎週ワクワクして見てましたね。

 今は亡きガチンコラーメン道の佐野さんや、ガチンコボクシング道と言えばヤンキーよりメンチが効いた竹原さん、静かな狂気を孕んだ笑顔畑山さん、まぁ面白かったんですよこのバラエティー番組。

 

 共通点はやはり素人?を仕込んで見世物にしてる点です。

 相違点はにじさんじは小数先鋭を恐らくコーチング無しに世に放ってる点です。

 兎に角ですよ、ガチンコより面白いドキュメンタリーだか、フェイクドキュメンタリーだかわからない、なんだかクレイジー香りがするコンテンツが垂れ流しになってる現状。

 ワクワクしてきませんか?

 とんでもない面白いコトが近々起きる気配が肌を撫でて背中がゾクゾクします。