臓物記念公園

簡単に見つかるオアシスは蜃気楼。熱せられた砂を掘り、指先の痛みに耐えて見つけた湧き水だからこそ魂を潤し、止まりかけたキャラバンの背中を押した…やがて君たちは星に導かれ、真のスターとして漆黒の闇に光を放つことを、俺は約束する。

カウボーイビバップ20周年記念オールナイト上映in 京都みなみ会館

カウボーイビバップ20周年に乗じて開催されたカウボーイビバップ26話を一晩で見る狂ったイベント


f:id:ytarou588:20180204091435j:image

 

19:45から映画館に缶詰になり、ひたすらカウボーイビバップを見始めた晩、気付いたら朝の8:00過ぎ。

まるで夢を見ていたような浮わついた頭で電車に揺られてさっき家に着きました。

ギャグで笑いが起きたり、最終回後に拍手が起きたりするオールナイトの空気でみるスペースオペラ

最高にノレるイベントでしたビバップだけに。

 

 

・ちょっと良かった話

「見たこと無いしこんな機会無いと見ないだろうからありがたい」

そんなことを漏らす隣に座るカップルの女。

『男に連れられて来たのか?全く文句を付けない、良い子だな!』

23話が始まる頃には隣ですやすや眠る男!

そして最終回が終わり滅茶苦茶拍手する女!

眠る男を挟んで滅茶苦茶拍手する私!

ビバップの良さが一晩でわかった女!凄く良い子!気持ち3億ウーロンあげちゃう!』

カウガール産まれてたよね一晩で。

 

・発見

カウボーイビバップを一晩で改めて見て発見したこと

インディアンのおっさんのテントにプレイステーションが置いてある!

糞どうでもよい発見。

 

・別れの話

最終的に散り散りになるビバップ号の面々。そして移転の為、一時閉館が近づく京都みなみ会館

いろいろ重なりちょっとしんみりするオールナイトイベントでした。