青腸の雑語り

雑語ってますどうぞ

【ホワイトアルバム2】第二部大学編~共通ルートあらすじ~

 

 二章の舞台は序章から三年後、大学生となった春季と雪菜のギクシャクを軸に展開される、未舗装のキャンパスライフを振り返ります。

 
f:id:ytarou588:20170326064326j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 春季は女性不信になりつつも、小木曽とは交際中だった。

 大学のミニFMからは彼らが演奏した【届かない恋】が流れていた。
 
 春季はバイトを掛け持ち(出版社、ファミレス)しており、超人が如く活躍しつつ、矢継ぎ早にそれぞれの職場、大学でフラグを立てていく。
 

 大学では春季(主人公、多少の無理は大丈夫)に取って、絶妙に鬱陶しくも心地良く絡んでくる千晶(サブヒロインその1)

 
f:id:ytarou588:20170323222412j:image

 

 塾講師のバイトで春季は、教え子に迫られるも冷たくあしらい行い事なきを得る。
 そして教え子は小春(サブヒロインその2)の親友だった。

 

f:id:ytarou588:20170323222343j:image


 後日出版社でのアルバイトにて懐かしい名前【冬馬かずさ】の活躍に触れる記事を目の当たりにする。  


f:id:ytarou588:20170323222502j:image

 

 かつて恋い焦がれた女の名前に心中穏やかでは無い模様。
 春季の上司、麻理(サブヒロインその3)

 
f:id:ytarou588:20170323222600j:image

 

 一方その頃、雪菜は開桜グラフなる雑誌で親友【冬馬かずさ】の活躍に触れる記事を目の当たりにする。


f:id:ytarou588:20170323222613j:image

 

 サブヒロイン+メインヒロインの計4人が二章では攻略可能です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ヒロイン達が出揃い北原は取材という形で過去と向き合う。

 冬馬かずさの過去について取材し記事を起こした春季、彼の記事は雑誌に掲載される。

 

 一方その頃、ギクシャクする春季と雪菜の関係にテコ入れすべく、主人公の親友枠 武也が暗躍する。
f:id:ytarou588:20170323223153j:image

 武也はクリスマスイブに取ったレストラン、ホテルの予約を春季に売り付け、後押しをする。

  

 クリスマスイブ当日、雪菜と致す寸での場面で、雪菜は春季が仕上げた【かずさの記事】を読んでしまい、春季を拒んでしまう、ショックの剰り春季はホテルを飛び出し、宛どなく孤独に身を震わせるのであった…………。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 ここまでが大学生編、中盤までのあらすじです。

 大学生編における各々のヒロインとの関係性は、序章で春季、かずさ、雪菜の三人に起きた出来事にそれぞれ対応しており、季が過去との和解や決別をヒロイン達との睦み合いや衝突により癒すパートなのだと私は感じました。


 

ワンフェス2017[冬]に行ってきました

【始発組が改札から雪崩れ込んでいきなり列形成スタート

相変わらず危ない

そのうち死人が出るぞ

後押すからっていきなり行進を何度も止めるな運営

将棋倒しになるだろ

止めずにゆっくり進ませろ】

 

愚痴もそこそこに

ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきました。

宿は取れましたがネカフェでは寝れませんでした。

耳栓しても音が気になって、、、、。

 

 

徹夜はいけません。

注意力が散漫になり、本来自分がシャッターを押すべき造型物を素通りしてしまうからです。

写真と肉眼で見る塗装の色味は全く違うからです。

 そんな最悪の状態でなんとか撮ってきた写真がこちらです。

ヒロさま、らぁら
f:id:ytarou588:20170219181155j:image

ファルル
f:id:ytarou588:20170219181212j:image

ノリノリ法月
f:id:ytarou588:20170219181229j:image

タイガ、カズオ
f:id:ytarou588:20170219181259j:image

ウェスト姉弟
f:id:ytarou588:20170219181312j:image

写真下手くそですね。

フラッシュは炊きましょう。

せっかくの美しい造形がないています。

原型師さんすいません。

 

戦利品

f:id:ytarou588:20170219201351j:image


予算の限り買い尽くしました。

 

ゴールデンウィークまでに2~3体は仕上げたいですね。

週末は家でガレキを組んで大人しく過ごします。

 

以上イベント前は寝ようのコーナーでした。

 

ホワイトアルバム2序章まとめ

主人公、北原春季の性格は以下の通り。
 困っている者に助けずにはいられない、文句を垂れつつもフォローをしてしまう。
 お節介焼きである。

 スバリ、イイ人なのだ。(同時にウザったくもある)

 気のある女、『冬馬かずさ』が居ても、
f:id:ytarou588:20170213012308j:image

気の無い女『小木曽雪菜』に誘惑されてしまうのだ。
f:id:ytarou588:20170213012451j:image
 高級料理が乗った皿の方からこちらへやって来るのである。
 勿論北原に拒むという選択肢は与えられず、春季と雪菜は付き合う運びとなる。

 なんと自然な流れだろうか。

 しかし小木曽がとった行動は度肝を抜いく。
 文化祭に向けて立ち上がったバンドのメンバーにして親友となったかずさとの交遊を断ち切ら無いのだ。


f:id:ytarou588:20170213011536j:image


 友情か愛情か。
 揺れる想いを抱える三人の男女が迎えるのは勿論手酷い破局である。
 二兎を都合よく手に入れる術など無いのだ。現実は残酷である。
 破局のきっかけは冬馬が日本を離れると知り、北原は冬馬への想いに気が付く。

 でも遅すぎる。
 空港でのかずさとの別れは、降り積もる雪が覆い隠すには、剰りにも深く大きい亀裂を、春季と雪菜の間に刻んだ。

 届かない恋は動き出せないまま序章の幕は降りる。