青井耳袋

執筆の進捗や散歩や怪談を纏めた私家版の耳袋

2019年に収集した実話怪談

年が暮れて行きます。

どうも青腸です🐺青腸📶 (@aoihorumon) | Twitter

 

冬ですが怪談をしたためました。

今年私が聞いたり、体験した話を紹介いたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな話を教えてもらった。

 

彼氏と連れ込み宿に行ったAさん。
致した後に風呂で汗を流した後に洗面台に二人で立った。
寝床に備えついたラジオの電源が触れてもいないのに点いた。
彼女はノイズに混じって男の声を聞いた気がする。
「なんか聞こえた?」
「ここ早く出よか、、、」
彼氏は耳元で男の声を直接、聞いたと言った。

二人は急いで宿を後にした。


f:id:ytarou588:20191231231039j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな話を教えてもらった。

 

パワーストーンを腕輪に仕立てて売るのが大層上手い石屋さん曰く、お客にあった石を選ぶコツがあるらしい。

そのコツってのは如何様で?

お客様のお背中におわす方にお伺いする。
悪い石なら黙って居られ。
良い石と相成れば首を縦に振りなさる。

 

俗に言う守護霊の類いであろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が体験した話だ。

 

翌日の朝一に検査に行くこととなり、病院の近くに扇町の民泊に一泊することとなった。

床の間から風呂が覗ける窓(今はアクリルの板ではめ殺されている)がある。
昭和の連れ込み宿が前身なのでしょうか?

なんだか人の息づかいのようなものを感じます。

 

母に検査を受ける旨を先ほど電話する。

「誰か一緒にいるんか?」

「私一人だけやけど」

「笑い声聞こえたで」

 

怪談はこうやって産まれるのだろう。


f:id:ytarou588:20191231232746j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな話を教えてもらった。

 

Sさんが学生時代、祖母の家に住んでいたこんな体験をした。
彼は受験勉強を10時頃にやっていると金縛りに遭った。

『またか』

その当時頻繁に金縛りに遭い、身動きを取れない間に何者かの気配を感じるのだと漏らした。
勿論、家族の気配ではない。


金縛りにかかっていた体感時間はそれほど長くなかったが、時計を見ると12時になっていた。

後日、祖母は知り合いの占い師に孫が遭ったその旨を相談した。

「これ何か出えへんかったらおかしい」

 

その家には姿見があり隣に建つ学校の鏡と合わせ鏡になっており、それが悪さをしていると占い師はいうのだ。
彼は問題の合わせ鏡の延長線上にある、2階の部屋で勉強をしていた。

 

占い師の言葉をもとに、姿見の裏を調べると、壁にボロボロのお札が貼ってあった。

あまりの光景に家族一同、腰を抜かさんばかりに驚いた。

 

そのお札は祖母が移り住む前に住んでいた中国人が貼っていったものであろうこと以外、詳細は一切不明だったという。

 

お札を新しいものに貼り変えたあと、一切の怪しい物事は治まった。

「見えない世界ってあると思うんですよね」
そうSさんは締めくくった。

 

 

街で怪しい者を見たり遭遇をする

こんにちは

青腸です🐺青腸📶 (@aoihorumon) | Twitter

 

今日は街で見掛けた不思議な人達の話を

 

2019.12.13

大阪環状線にて。

バックに猫を忍ばせたお姉さんを見つける。

私以外の乗客は、手元のスマホに意識が行っている為全く気付かない。

 

時々猫を撫でるお姉さん、お姉さんを見つめる猫、それを見る私。


f:id:ytarou588:20191216015247j:image

私に気づく猫。


f:id:ytarou588:20191216023429j:image

謎の緊張感を感じてしまう。なんやねんこれ?

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

2019.12.16

堺市にて。

 

入江でぼんやりしていると自転車に乗った男がやって来た。
「大丈夫か?」
「大丈夫っすよ?」
藪から棒過ぎてオウム返しする私、明らかに大丈夫ではない状況。
「今夜はヤバい奴うろついとんねん、ワシそいつ探しとんねん」
「ホンマですか!?」
「早う帰り、なんかあったらポリに云うんやで」
パーカーを被りバンダナで口許を隠した男は去っていく。なんやねんこれ?

あんたが1番ヤバい奴だよ。


f:id:ytarou588:20191216031810j:image

 

狂人とはいえ誰かと会話をしたのは久しぶりだったので嬉しかった。
握手を求められたので握手を返し、グータッチを求められたのでグータッチを返す位には嬉しかった。

 

ーーーーーーーーーーーー


おかしな体験は人生を豊かにする。

「なんやねんこれ?」

そんな瞬間に出合うため今日も私は生きているのかもしれない。

 

【実録!ヤマノススメ】青腸登山をしくじるの巻【伊吹山】

 

伊吹山に登ってきました
f:id:ytarou588:20190913114340j:image

目的は忍者研究の取材です。

あと体力作り。

 


f:id:ytarou588:20190913212945j:image

蒲生から東近江を抜け、中山道より関ヶ原を目指すルートを途中で折れて伊吹山に到着

 


f:id:ytarou588:20190913213307j:image

コレは中山道の取材の時に撮った関ヶ原の夜明け

 


f:id:ytarou588:20190913213446j:image


f:id:ytarou588:20190913213754j:image

道の駅で書籍を2点購入

サンライズ出版さんは郷土本の良い本を出されるので重宝してます

 


f:id:ytarou588:20190913114517j:image

神話の舞台になった伊吹山ヤマトタケルを返り討ちにした白猪が居た、酒呑童子が住む山だとか、物騒極まりない伝承が残る地。

 


麓の神社で登山の無事を祈願し
f:id:ytarou588:20190913114940j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115109j:image

いざ入山!

 


f:id:ytarou588:20190913115216j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115253j:image

 

並々ならぬ殺気を放つ老犬
f:id:ytarou588:20190913115311j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115405j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115706j:image


f:id:ytarou588:20190913115436j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115533j:image



f:id:ytarou588:20190913115628j:image

 

 


f:id:ytarou588:20190913121815j:image 

  !?

 

 


f:id:ytarou588:20190913121943j:image


f:id:ytarou588:20190913121907j:image

!!!!????

 

鹿が数十頭いました


f:id:ytarou588:20190913122009j:image

さざれ石


f:id:ytarou588:20190913122054j:image




f:id:ytarou588:20190913122222j:image



f:id:ytarou588:20190913122248j:image


f:id:ytarou588:20190913122304j:image


f:id:ytarou588:20190913122327j:image

夕飯はチョコレートとオレンジジュースです


f:id:ytarou588:20190913122405j:image

焦らず体力を回復させながら下山の作戦を練ります


f:id:ytarou588:20190913122459j:image

あわよくば避難しようとした山小屋から追い出され

ヤケクソになっている私の図

 

「大丈夫大丈夫!猪に合わなきゃ大丈夫大丈夫大丈夫!急いで下りな!」

 

嘘でしょ、、、。

 

山小屋に火を放ちたくなる衝動を抑えつつ下山開始

 

 

f:id:ytarou588:20190913122439j:image

なんて美しい夜景なんだ

 

ペンライトの電池が切れたので、ランタンを使い下山


f:id:ytarou588:20190913214548j:image


f:id:ytarou588:20190913214608j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214649j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214706j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214819j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214859j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214928j:image

この直後、茂みよりでた野生の狸に対して

異様に威嚇をする老犬が実に恐ろしかった

 


f:id:ytarou588:20190913215128j:image

コレが


f:id:ytarou588:20190913215146j:image

夜はこうなります

林が月明かりを遮り

ランタンの灯りだけを頼りにひたすら下ること20分

 


f:id:ytarou588:20190913215228j:image

 

無事下山

約5時間の下山となりました

 

登山は計画的に!

 

以上

 

 

 

 

 

本日の怪異報告【建部大社】

大百足退治のフィールドワークで瀬田の唐橋に来ました!
f:id:ytarou588:20190901020738j:image
f:id:ytarou588:20190901020744j:image

そして建部大社もついでに参ることにしました

建部大社 近江国一之宮 【公式サイト】

 



f:id:ytarou588:20190901021138j:image

謎の現象が発生しました。

Twitterのカメラがセーフで、エクスペリアのカメラアプリはダメでした。

切り分けが謎です。

 

以上

 

 

大衆演劇を見に行きました。

 



f:id:ytarou588:20190728165218j:image

大衆演劇を見て演出を学ぼう

 

今日は営業するつもりでしたが先方の都合がつかなかったので(繁忙期故にやむ無し)、暇潰しに大衆演劇を見てきました。

 

相方の青海がスランプ気味なんで代わりに取材ですよ取材。

代打青腸!

遊びでやってんじゃねぇんだよこちとら!!!!

遊びだけど遊びではないのです。

 


f:id:ytarou588:20190810210221j:image


f:id:ytarou588:20190810210259j:image


f:id:ytarou588:20190810210334j:image

 


f:id:ytarou588:20190810210458j:image

 


f:id:ytarou588:20190810210627j:image

 

画面(えづら)が強すぎる

 

1部  演劇(アドリブ7割の自由な古典)

2部  歌謡ショー(写真撮影可、この座だけのローカルルールかも)

 

歌謡ショーの絢爛豪華な衣装、見栄の切り方、日本舞踊を下敷きに進むフリースタイルの舞、乱れ飛ぶおひねり。

 

日常ではお目にかかることができない凄まじい空間でした。

 

翌日も見に行き、かぶり付きで勉強させて頂きました。

 

おひねりが集まる演者は、やはり顔が良い演者に集中してました。

 

見た目大事。

 

詰まるところ見栄えを極めたら、そこに需要が産まれ利益を生む訳ですね。

 

バーチャルユーチューバーのビジネスモデルを支える本質の一端でしょうか?

 

※見た目以外にも、トークスキル、人たらし力等一概に纏めると語弊がある。

 

 

私もおひねり貰えるパフォーマンスを展開して行きたいですね

という訳で宣伝です。

 


f:id:ytarou588:20190810212222j:image

 

青海宙/宙南海プロフィール - Ci-en

 

続報を待たれよ。

 

 

 

 

 

 

 

鬱病の私が【看取られ音声】で希死念慮が満たされ生きる痛みが和らいだ話

 私事から入ります。

 私は軽度~中度の鬱病だと医者に宣告を受けてはや4年、様態は相も変わらず。息をするが如く死にたい! 死にたい! サノスに消される側になりたかった!と、枕を濡らす日々でした。夏の賞与で買ったPSVRカジュアルにバーチャル自殺をして、本番自殺をしないよう正気を辛うじて保つギリギリなその日暮らし。

 

 VR自殺はあまり効かない

 結局のところバーチャル自殺はゲームの上で失敗した結果なのでプレイヤー側に出力される演出は肯定的ではない。要はゲームオーバーは腹立つって訳ですよ。

 

《看取られ音声》に湧くTL(タイムライン)

 バーチャル自殺にうんざり来ていた頃《ソレ》は現れました。Twitterに住む目敏いオタク達が口々に『看取られ音声が凄い』『死にたい欲求を昇華してくれる』『弟子の悲痛な叫びが嗜虐心をくすぐる』とうわ言を宣いだした。

 文化の草分けが起きている!

 出遅れ気味で《看取られ音声》を購入した。


f:id:ytarou588:20190716205714j:image

【20%OFF】看取られ音声 [オミ・オクル] | DLsite 同人

 

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_157925/

 

セッティング環境

        試聴機器  : SONY  XPERIA

     オーディオ : SONY  MDR-10R

 ファイル形式 : MP3


f:id:ytarou588:20190716210729j:image
f:id:ytarou588:20190716210737j:image

音質はとりあえずこんな所で設定しました。

参考までに。

何かをキメる時はセッティングを怠ると効かないので環境調整は重要です。

 

《看取られ音声》所感

トラック1

 謎の包容力溢れるお姉さんが看取ってくれます。

 王道看取パターンを着実に踏みしめる手堅いシナリオ運びと、アクターの演技力が光る。

 死がもたらす甘美な安らぎがお姉さんの包容力によりもたらされた。

 

トラック2

 未熟な弟子の慟哭をひたすら浴びれるストロングスタイル。

 看取りシナリオのギアが確実にシフトアップしたようだ。

弟子のその後が気になって成仏しかねる仕上がり。

 

トラック3

 ハードな終末的SF看取りシナリオ。

 世界すら丸ごと看取ってしまう勢いを感じさせる盛り上がりを見せる。

 強がるボクっ娘と彼の間に流れる濃密な時間に魂がうち震える。

 

トラック4

 トリだけありシナリオのパンチの効き方が群を抜いて強い。

 いただきますに全力を出す吸血鬼が良いです。

 恍惚に酔いしれた吸血鬼に拘束されたい欲求がある層にドンピシャです。

 

肯定的な死に臨む真摯な姿勢を感じさせる出色な仕上がり

 死は世間の認識として避けるべきイベントではありますが、結局のところ私も貴方もいずれ皆、平等に死は訪れます。

 日常的に死にたいと考える私にとって、死について肯定的なシナリオは安らぎ意外の何物でもありませんでした。

 「死にたいなんてそんな暗いこと言うなよ」死を恐れる健常者達が決まって放つ無責任でペラペラな人格否定。

 酷く傷ついた私の心にすっと染み込む看取りの心地よさたるや、筆舌に尽くしがたい至福でありました。

 これで安心して明日から生きて行けます。

 ありますがとう看取り音声。

 

 

人生で最もキツい時期に入ったのかもしれない

紆余曲折を経て手取りが15万になりまして

悲しいよ悲しいよちゅうて酒を煽りながら書いています

 

紆余曲折の部分を端的に纏めると

私、青腸は軽度の鬱を患っています

そして恐らく鬱が原因の目眩状態が年始の仕事始めより始まり、目眩で足元が覚束ない状態で1週間仕事をした末の事

『青腸さんなるべく残業しないようにしましょう』

鬱を患っていることを知っている上司の計らいで働き方改革が始まり

手取りが15万になってしまいました

 

貧乏人に与えられた時間

余暇というには剰りにも何も無く

水を持たずに砂漠に投げ出されたかの如く荒涼としています

無惨無惨

 

金は無くとも生きていかねばならない、逃げたくなるような現実が、無慈悲に目前に横たわって居るわけです

 

そうですすべてはこの忌々しい病のせいで人生が、どん詰まっているのです

 

なので今、この病を散らすために特殊な治療を受けています


f:id:ytarou588:20190222020306j:image

磁気刺激治療

前頭葉に磁気刺激を与え血の巡りを良くして鬱を改善しよう!

そういう治療です

胡散臭いじゃないですか、でも効いてるんですよね

冒頭の目眩ですがこの治療を受けた日にピタリと落ち着きました

 

こちらの治療約60万となります

 

う~ん私は死ぬのか?

今年死ぬのか?

【SSSS.GRIDMAN 】新条アカネの暴力描写が熱い!

皆さんこんにちは青腸です

 

私は暴力が嫌いです

振るうのは勿論、振るわれるのも御免です

 

しかし!フィクションの暴力は別腹!

 

胸糞悪くなる地獄のような暴力をフィクションで見るとリラックスするんですよね
そして自分が当事者じゃなくて良かったと安心するんですよ

 

そんな私が今年一番衝撃を受けたフィクションに出てくるバチアタリ暴力人間について語ります

 


f:id:ytarou588:20181229133752j:image


f:id:ytarou588:20181229133827j:image


f:id:ytarou588:20181206232143j:image


f:id:ytarou588:20181229132050j:image

 

SSSS GRIDMANより 新条アカネ選手の登場です

 

 

グリッドマンとは?

 1993年に放送された円谷プロが製作した特撮ドラマ『電工超人グリッドマン』を原作としたグリッドマン25周年記念作品として2018年にトリガーが製作したアニメです

 

新条アカネとは?


f:id:ytarou588:20181229224009j:image

アニメ版グリッドマンのヒロインです

CV は上田麗奈さん

近年の代表出演作はプリパラよりあじみ先生(左側のメガネの人)


f:id:ytarou588:20181229224343j:image

 

 

技巧派の声優さんが演技をつけた新条アカネは格別な暴力女なんですね

詳しくは後述

 

彼女がグリッドマンという作品で担う役割それは、怪獣をデザインし造型することです

そして造型された怪獣をアレクシス・ケリブ(CV は稲田徹さん出演代表作は特捜戦隊デカレンジャーより地獄の番犬デカマスター)がツツジ台に具現化することで騒動が巻き起こります

 

新条アカネの振るうミクロな暴力、マクロな被害

では何故彼女は怪獣を造るのか?

それは些細なトラブルに端を発した復讐なのです

 怪獣でターゲットを殺害すると、ターゲットの存在はツツジ台に住む住人の記憶から消えます(記憶改竄系の能力なので、殺害対象の机や連絡網の情報は残ります)

そうして彼女は怪獣を使いツツジ台を彼女が住み良い街になる様、整理していました

ツツジ台とは新条アカネがPC をつとめる、自由にNPC の住人を消すことができる狂ったシムシティだったのです

殺害対象以外の住人も具体的な描写は無いですが、恐らくたくさん怪獣の巻き添えで死んでるであろうことは、作中の台詞で触れられています

彼女の激情は街一つを巻き込んだ巨大な力となって猛威をふるいます。

 

新条アカネを取り巻く家庭環境

円盤のドラマCD で示されたとおり、アカネとアレクシスとアンチは核家族として描かれています


f:id:ytarou588:20190105200437j:image

~3話より飯をぶっかけられるアンチくん~

 

この家族の問題点を見ていきましょう。

 

ネグレクト

アンチの保護者たるアカネとアレクシス

基本的にアンチを怪獣と見なし人して接する

箸の使い方は教えず

家には入れません

畜生扱い

アンチの存在意義は理想の箱庭を荒らすグリッドマン殺害であり、アカネはアンチを愛玩する素振りを一瞬は取るもののそれは一時的な気紛れでしかありませんでした

 

不衛生

アカネの私室はゴミで溢れており、このような部屋に住んでる者はだいたい病んでます

尋常ではない部屋の散らかりをアレクシスは咎めません

何故なら部屋に積み重なるゴミは彼女の抱えるモヤモヤのメタファー

アレクシスの目的は激情に駈られたアカネを喰らい自らの空虚を満たしたいのだから

 

以外の2作品が参考資料です

パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]
 

 

 

バチアタリ暴力人間 [DVD]

バチアタリ暴力人間 [DVD]

 

 この2作品の部屋の散らかり加減は、ガチなんで散らかった部屋フェチにはおすすめです

 

そして歪んだ家族というテーマを語るときに外せない作品もご紹介します

 

全員死刑

全員死刑

 

 

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

 

 

 

 

歪んだ家族という小さな社会、ツツジ台という大きな社会

その世界の中心は新条アカネという情緒不安定な神に委ねられています

 

新条アカネの言動

 彼女が家の外で振る舞う姿は、当たり障り無く誰彼構わずフランクに接します

しかし多宝六花にはグイグイ接していきます

何故ならグリッドマンと響裕太にかまける彼女を振り向かせたいから

 


f:id:ytarou588:20190105203729j:image

~六花に探りを入れるアカネ~


f:id:ytarou588:20190105203840j:image

~私が作った最高の女を見せびらかすアカネ~


f:id:ytarou588:20190105203415j:image

~上手から口説き落とそうとする新条アカネ~

このアニメ、バスの会話が非常に熱く上田さんが、声のトーンをシームレスに使い分ける演技をさらりと繰り出してくるので素晴らしいです

 

閑話休題

 

バスでの六花を問い詰めるシーンや、夢の世界で内海を問い詰めるシーンでは過剰に威圧的な態度を取ります

先述した暴力映画で散見するベタなシーン、手を上げないタイプの暴力ですね

素晴らしいです

 

まとめ

いかがでしょうか?

新条アカネの暴力人間スペックは

彼女の乳の話題で盛り上がってるのが勿体無いなぁと感じたんで、暴力という日常に潜む身近なテーマから彼女の魅力に迫ってみました

 

彼女が暴力の果てに掴む結末とは?

是非読者の皆様におかれましてこちらから最後まで見てご確認下さい

 

覚・醒

覚・醒

 

 

 

 原作もおすすめです