青井耳袋

執筆の進捗や散歩や怪談を纏めた私家版の耳袋

【実録!ヤマノススメ】青腸登山をしくじるの巻【伊吹山】

 

伊吹山に登ってきました
f:id:ytarou588:20190913114340j:image

目的は忍者研究の取材です。

あと体力作り。

 


f:id:ytarou588:20190913212945j:image

蒲生から東近江を抜け、中山道より関ヶ原を目指すルートを途中で折れて伊吹山に到着

 


f:id:ytarou588:20190913213307j:image

コレは中山道の取材の時に撮った関ヶ原の夜明け

 


f:id:ytarou588:20190913213446j:image


f:id:ytarou588:20190913213754j:image

道の駅で書籍を2点購入

サンライズ出版さんは郷土本の良い本を出されるので重宝してます

 


f:id:ytarou588:20190913114517j:image

神話の舞台になった伊吹山ヤマトタケルを返り討ちにした白猪が居た、酒呑童子が住む山だとか、物騒極まりない伝承が残る地。

 


麓の神社で登山の無事を祈願し
f:id:ytarou588:20190913114940j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115109j:image

いざ入山!

 


f:id:ytarou588:20190913115216j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115253j:image

 

並々ならぬ殺気を放つ老犬
f:id:ytarou588:20190913115311j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115405j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115706j:image


f:id:ytarou588:20190913115436j:image

 


f:id:ytarou588:20190913115533j:image



f:id:ytarou588:20190913115628j:image

 

 


f:id:ytarou588:20190913121815j:image 

  !?

 

 


f:id:ytarou588:20190913121943j:image


f:id:ytarou588:20190913121907j:image

!!!!????

 

鹿が数十頭いました


f:id:ytarou588:20190913122009j:image

さざれ石


f:id:ytarou588:20190913122054j:image




f:id:ytarou588:20190913122222j:image



f:id:ytarou588:20190913122248j:image


f:id:ytarou588:20190913122304j:image


f:id:ytarou588:20190913122327j:image

夕飯はチョコレートとオレンジジュースです


f:id:ytarou588:20190913122405j:image

焦らず体力を回復させながら下山の作戦を練ります


f:id:ytarou588:20190913122459j:image

あわよくば避難しようとした山小屋から追い出され

ヤケクソになっている私の図

 

「大丈夫大丈夫!猪に合わなきゃ大丈夫大丈夫大丈夫!急いで下りな!」

 

嘘でしょ、、、。

 

山小屋に火を放ちたくなる衝動を抑えつつ下山開始

 

 

f:id:ytarou588:20190913122439j:image

なんて美しい夜景なんだ

 

ペンライトの電池が切れたので、ランタンを使い下山


f:id:ytarou588:20190913214548j:image


f:id:ytarou588:20190913214608j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214649j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214706j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214819j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214859j:image

 


f:id:ytarou588:20190913214928j:image

この直後、茂みよりでた野生の狸に対して

異様に威嚇をする老犬が実に恐ろしかった

 


f:id:ytarou588:20190913215128j:image

コレが


f:id:ytarou588:20190913215146j:image

夜はこうなります

林が月明かりを遮り

ランタンの灯りだけを頼りにひたすら下ること20分

 


f:id:ytarou588:20190913215228j:image

 

無事下山

約5時間の下山となりました

 

登山は計画的に!

 

以上

 

 

 

 

 

本日の怪異報告【建部大社】

大百足退治のフィールドワークで瀬田の唐橋に来ました!
f:id:ytarou588:20190901020738j:image
f:id:ytarou588:20190901020744j:image

そして建部大社もついでに参ることにしました

建部大社 近江国一之宮 【公式サイト】

 



f:id:ytarou588:20190901021138j:image

謎の現象が発生しました。

Twitterのカメラがセーフで、エクスペリアのカメラアプリはダメでした。

切り分けが謎です。

 

以上

 

 

大衆演劇を見に行きました。

 



f:id:ytarou588:20190728165218j:image

大衆演劇を見て演出を学ぼう

 

今日は営業するつもりでしたが先方の都合がつかなかったので(繁忙期故にやむ無し)、暇潰しに大衆演劇を見てきました。

 

相方の青海がスランプ気味なんで代わりに取材ですよ取材。

代打青腸!

遊びでやってんじゃねぇんだよこちとら!!!!

遊びだけど遊びではないのです。

 


f:id:ytarou588:20190810210221j:image


f:id:ytarou588:20190810210259j:image


f:id:ytarou588:20190810210334j:image

 


f:id:ytarou588:20190810210458j:image

 


f:id:ytarou588:20190810210627j:image

 

絵面(えづら)が強すぎる

 

1部  演劇(アドリブ7割の自由な古典)

2部  歌謡ショー(写真撮影可、この座だけのローカルルールかも)

 

歌謡ショーの絢爛豪華な衣装、見栄の切り方、日本舞踊を下敷きに進むフリースタイルの舞、乱れ飛ぶおひねり。

 

日常ではお目にかかることができない凄まじい空間でした。

 

翌日も見に行き、かぶり付きで勉強させて頂きました。

 

おひねりが集まる演者は、やはり顔が良い演者に集中してました。

 

見た目大事。

 

詰まるところ見栄えを極めたら、そこに需要が産まれ利益を生む訳ですね。

 

バーチャルユーチューバーのビジネスモデルを支える本質の一端でしょうか?

 

※見た目以外にも、トークスキル、人たらし力等一概に纏めると語弊がある。

 

 

私もおひねり貰えるパフォーマンスを展開して行きたいですね

という訳で宣伝です。

 


f:id:ytarou588:20190810212222j:image

 

青海宙/宙南海プロフィール - Ci-en

 

続報を待たれよ。

 

 

 

 

 

 

 

鬱病の私が【看取られ音声】で希死念慮が満たされ生きる痛みが和らいだ件

 私事から入ります。

 私は軽度~中度の鬱病だと医者に宣告を受けてはや4年、様態は相も変わらず。息をするが如く死にたい! 死にたい! サノスに消される側になりたかった!と、枕を濡らす日々でした。夏の賞与で買ったPSVRカジュアルにバーチャル自殺をして、本番自殺をしないよう正気を辛うじて保つギリギリなその日暮らし。

 

 VR自殺はあまり効かない

 結局のところバーチャル自殺はゲームの上で失敗した結果なのでプレイヤー側に出力される演出は肯定的ではない。要はゲームオーバーは腹立つって訳ですよ。

 

《看取られ音声》に湧くTL(タイムライン)

 バーチャル自殺にうんざり来ていた頃《ソレ》は現れました。Twitterに住む目敏いオタク達が口々に『看取られ音声が凄い』『死にたい欲求を昇華してくれる』『弟子の悲痛な叫びが嗜虐心をくすぐる』とうわ言を宣いだした。

 文化の草分けが起きている!

 出遅れ気味で《看取られ音声》を購入した。


f:id:ytarou588:20190716205714j:image

看取られ音声 [オミ・オクル] | DLsite 同人

 

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_157925/

 

セッティング環境

        試聴機器  : SONY  XPERIA

     オーディオ : SONY  MDR-10R

 ファイル形式 : MP3


f:id:ytarou588:20190716210729j:image
f:id:ytarou588:20190716210737j:image

音質はとりあえずこんな所で設定しました。

参考までに。

何かをキメる時はセッティングを怠ると効かないので環境調整は重要です。

 

《看取られ音声》所感

トラック1

 謎の包容力溢れるお姉さんが看取ってくれます。

 王道看取パターンを着実に踏みしめる手堅いシナリオ運びと、アクターの演技力が光る。

 死がもたらす甘美な安らぎがお姉さんの包容力によりもたらされた。

 

トラック2

 未熟な弟子の慟哭をひたすら浴びれるストロングスタイル。

 看取りシナリオのギアが確実にシフトアップしたようだ。

弟子のその後が気になって成仏しかねる仕上がり。

 

トラック3

 ハードな終末的SF看取りシナリオ。

 世界すら丸ごと看取ってしまう勢いを感じさせる盛り上がりを見せる。

 強がるボクっ娘と彼の間に流れる濃密な時間に魂がうち震える。

 

トラック4

 トリだけありシナリオのパンチの効き方が群を抜いて強い。

 いただきますに全力を出す吸血鬼が良いです。

 恍惚に酔いしれた吸血鬼に拘束されたい欲求がある層にドンピシャです。

 

肯定的な死に臨む真摯な姿勢を感じさせる出色な仕上がり

 死は世間の認識として避けるべきイベントではありますが、結局のところ私も貴方もいずれ皆、平等に死は訪れます。

 日常的に死にたいと考える私にとって、死について肯定的なシナリオは安らぎ意外の何物でもありませんでした。

 「死にたいなんてそんな暗いこと言うなよ」死を恐れる健常者達が決まって放つ無責任でペラペラな人格否定。

 酷く傷ついた私の心にすっと染み込む看取りの心地よさたるや、筆舌に尽くしがたい至福でありました。

 これで安心して明日から生きて行けます。

 ありますがとう看取り音声。

 

 

人生で最もキツい時期に入ったのかもしれない

紆余曲折を経て手取りが15万になりまして

悲しいよ悲しいよちゅうて酒を煽りながら書いています

 

紆余曲折の部分を端的に纏めると

私、青腸は軽度の鬱を患っています

そして恐らく鬱が原因の目眩状態が年始の仕事始めより始まり、目眩で足元が覚束ない状態で1週間仕事をした末の事

『青腸さんなるべく残業しないようにしましょう』

鬱を患っていることを知っている上司の計らいで働き方改革が始まり

手取りが15万になってしまいました

 

貧乏人に与えられた時間

余暇というには剰りにも何も無く

水を持たずに砂漠に投げ出されたかの如く荒涼としています

無惨無惨

 

金は無くとも生きていかねばならない、逃げたくなるような現実が、無慈悲に目前に横たわって居るわけです

 

そうですすべてはこの忌々しい病のせいで人生が、どん詰まっているのです

 

なので今、この病を散らすために特殊な治療を受けています


f:id:ytarou588:20190222020306j:image

磁気刺激治療

前頭葉に磁気刺激を与え血の巡りを良くして鬱を改善しよう!

そういう治療です

胡散臭いじゃないですか、でも効いてるんですよね

冒頭の目眩ですがこの治療を受けた日にピタリと落ち着きました

 

こちらの治療約60万となります

 

う~ん私は死ぬのか?

今年死ぬのか?

【SSSS.GRIDMAN 】新条アカネの暴力描写が熱い!

皆さんこんにちは青腸です

 

私は暴力が嫌いです

振るうのは勿論、振るわれるのも御免です

 

しかし!フィクションの暴力は別腹!

 

胸糞悪くなる地獄のような暴力をフィクションで見るとリラックスするんですよね
そして自分が当事者じゃなくて良かったと安心するんですよ

 

そんな私が今年一番衝撃を受けたフィクションに出てくるバチアタリ暴力人間について語ります

 


f:id:ytarou588:20181229133752j:image


f:id:ytarou588:20181229133827j:image


f:id:ytarou588:20181206232143j:image


f:id:ytarou588:20181229132050j:image

 

SSSS GRIDMANより 新条アカネ選手の登場です

 

 

グリッドマンとは?

 1993年に放送された円谷プロが製作した特撮ドラマ『電工超人グリッドマン』を原作としたグリッドマン25周年記念作品として2018年にトリガーが製作したアニメです

 

新条アカネとは?


f:id:ytarou588:20181229224009j:image

アニメ版グリッドマンのヒロインです

CV は上田麗奈さん

近年の代表出演作はプリパラよりあじみ先生(左側のメガネの人)


f:id:ytarou588:20181229224343j:image

 

 

技巧派の声優さんが演技をつけた新条アカネは格別な暴力女なんですね

詳しくは後述

 

彼女がグリッドマンという作品で担う役割それは、怪獣をデザインし造型することです

そして造型された怪獣をアレクシス・ケリブ(CV は稲田徹さん出演代表作は特捜戦隊デカレンジャーより地獄の番犬デカマスター)がツツジ台に具現化することで騒動が巻き起こります

 

新条アカネの振るうミクロな暴力、マクロな被害

では何故彼女は怪獣を造るのか?

それは些細なトラブルに端を発した復讐なのです

 怪獣でターゲットを殺害すると、ターゲットの存在はツツジ台に住む住人の記憶から消えます(記憶改竄系の能力なので、殺害対象の机や連絡網の情報は残ります)

そうして彼女は怪獣を使いツツジ台を彼女が住み良い街になる様、整理していました

ツツジ台とは新条アカネがPC をつとめる、自由にNPC の住人を消すことができる狂ったシムシティだったのです

殺害対象以外の住人も具体的な描写は無いですが、恐らくたくさん怪獣の巻き添えで死んでるであろうことは、作中の台詞で触れられています

彼女の激情は街一つを巻き込んだ巨大な力となって猛威をふるいます。

 

新条アカネを取り巻く家庭環境

円盤のドラマCD で示されたとおり、アカネとアレクシスとアンチは核家族として描かれています


f:id:ytarou588:20190105200437j:image

~3話より飯をぶっかけられるアンチくん~

 

この家族の問題点を見ていきましょう。

 

ネグレクト

アンチの保護者たるアカネとアレクシス

基本的にアンチを怪獣と見なし人して接する

箸の使い方は教えず

家には入れません

畜生扱い

アンチの存在意義は理想の箱庭を荒らすグリッドマン殺害であり、アカネはアンチを愛玩する素振りを一瞬は取るもののそれは一時的な気紛れでしかありませんでした

 

不衛生

アカネの私室はゴミで溢れており、このような部屋に住んでる者はだいたい病んでます

尋常ではない部屋の散らかりをアレクシスは咎めません

何故なら部屋に積み重なるゴミは彼女の抱えるモヤモヤのメタファー

アレクシスの目的は激情に駈られたアカネを喰らい自らの空虚を満たしたいのだから

 

以外の2作品が参考資料です

パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]
 

 

 

バチアタリ暴力人間 [DVD]

バチアタリ暴力人間 [DVD]

 

 この2作品の部屋の散らかり加減は、ガチなんで散らかった部屋フェチにはおすすめです

 

そして歪んだ家族というテーマを語るときに外せない作品もご紹介します

 

全員死刑

全員死刑

 

 

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

 

 

 

 

歪んだ家族という小さな社会、ツツジ台という大きな社会

その世界の中心は新条アカネという情緒不安定な神に委ねられています

 

新条アカネの言動

 彼女が家の外で振る舞う姿は、当たり障り無く誰彼構わずフランクに接します

しかし多宝六花にはグイグイ接していきます

何故ならグリッドマンと響裕太にかまける彼女を振り向かせたいから

 


f:id:ytarou588:20190105203729j:image

~六花に探りを入れるアカネ~


f:id:ytarou588:20190105203840j:image

~私が作った最高の女を見せびらかすアカネ~


f:id:ytarou588:20190105203415j:image

~上手から口説き落とそうとする新条アカネ~

このアニメ、バスの会話が非常に熱く上田さんが、声のトーンをシームレスに使い分ける演技をさらりと繰り出してくるので素晴らしいです

 

閑話休題

 

バスでの六花を問い詰めるシーンや、夢の世界で内海を問い詰めるシーンでは過剰に威圧的な態度を取ります

先述した暴力映画で散見するベタなシーン、手を上げないタイプの暴力ですね

素晴らしいです

 

まとめ

いかがでしょうか?

新条アカネの暴力人間スペックは

彼女の乳の話題で盛り上がってるのが勿体無いなぁと感じたんで、暴力という日常に潜む身近なテーマから彼女の魅力に迫ってみました

 

彼女が暴力の果てに掴む結末とは?

是非読者の皆様におかれましてこちらから最後まで見てご確認下さい

 

覚・醒

覚・醒

 

 

 

 原作もおすすめです

 

 

2018年映画館で見た映画まとめ


f:id:ytarou588:20181206145647j:image


f:id:ytarou588:20181230013802j:image

 

2018年一番衝撃を受けたシーン《恐怖の報酬完全版》より

~ボロい吊り橋を渡るニトロを積んだトラック~

 

 

 それでは2018年に見た映画を全て語りましょう

 

 

カンフー・ヨガ

虚無

 ワースト3位

 

キングスマン ゴールデンサークル

カンフー・ヨガを見た直後に見てテンションブチ上げでした

シャブをヤッてないとやってらんない!ってキレる大統領の秘書だっけ?

あとアナルファック姫もシャブをヤッてたみたいで、シャブって善良な市民もキメる奴はキメてるって、渋いシャブ解釈が提示されてポイント高かったです。

 

中二病でも恋がしたい

京アニの同名アニメの続編

ボーイミーツガールで愛の逃避行を描いた正に青春といった趣の爽やかな映画でした

 

咲-Saki-阿知賀編episode oside-A

キャスト舞台挨拶を見に行く程度に愛しているトンチキ実写化作品

実写化作品でビジュアルを極限まで漫画に寄せるという、テクニカルなアンサーが成された最強の映画

余談ですが舞台挨拶後のプレゼントコーナーで、キャストが投げた牌をキャッチしたのは、同伴したオタクでした

 

シネマ狂想曲 名古屋映画館革命

シネマスコーレ副支配人、VHS収集家の坪井さんを追いかけたドキュメンタリー

映画に命を賭けてる男の人生が映画になり、そこへ私が数秒間映ってるんです! 

貞子VS伽椰子の応援上映イベントで水を無理矢理飲ませる謎徐霊シーンで「イッキ!イッキ!」とはしゃいでる後ろ姿がバッチリ抜かれてまして、爆笑が起きました

 

カウボーイビバップ一気見ナイト

京都みなみ会館にて開催されたカウビ20周年を記念として、一夜でTV 版カウビを全話みるイベントです

 

 

 

不能犯

普通の映画を白石晃士監督が撮ってしまい白石晃士ファン的には不服な映画でした

面白いけど白石映画の旨味があまりなかった印象

 

グレイトスト・ショーマン

オチが気に入らない

 

サニー 32

微妙だけど好きですこの映画

カタルシスがある

 

 映画プリキュアスーパースターズ!

変身バンクが無い!ヤバイ!という様式美を抑えながら
カクレンジャー世代のトラウマを的確に抉ってきた
酒呑童子回、海坊主回、ダラダラ回

劇場版ドラゴンボールZシリーズの敵位にフィジカルの強い語尾エネミーのウソバッカ


子供達がビビって悲鳴あげてた秀逸なデザインと悪役俳優の北村さんのツボを押さえたコミカルながらに、哀しみと怒りが籠った演技が凄く良かった

 

あの局面で笑顔を崩さず応援しているマスコット陣のメンタルは計り知れない
あの笑顔はプリキュアの強さを理解し信頼している何よりの証し
泣かせる

 

 

 

 

台風クラブ

台風に浮かれて全裸になる子供たちのカットが渋すぎる謎映画

 

ニーチェの馬

陰気過ぎて寝た

 

僕の伯父さん

 ユロ伯父さんシリーズ

コメディーです

フランス映画なので美術がキレてます

おすすめです

 

コーヒー&シガレッツ

タイトル通りのコーヒーとタバコを吸う人々の会話を切り抜いた短編集

キャストも豪華

何も派手な事は起きないのに兎に角面白い

映画の放つ雰囲気を楽しむ作品

私の選ぶオールタイムベストです

 

トレインスポッティング

シャブ映画の代名詞

名作です

ラストのカタルシスは何回見ても痺れます

 

 

ストップ・メイキング・センス

音楽映画ならこれです

兎に角のれます

 

 

レディー・プレイヤーワン

オチが気に入らない

 

リズと青い鳥

2018年劇場公開作のアニメで突き抜けた火力を持った百合です

劇場に漂う緊張感は恐怖の報酬に匹敵する苦しさがあり、自分の呼吸すら煩く感じる始末でした

 

 

ミスミソウ

同名漫画の実写化作品

こちらも百合の火力が高かったです

実写化するなら咲や、ミスミソウ位拘りを持って撮って欲しいです

 

 

霊的ボリシェヴィキ

今年見たいや、20年映画見てきた中で一番恐ろしかったホラー映画です

監督はリングの脚本を書いた高橋洋監督

出町座で観賞後、飲み会があったので高橋さんと酒を飲みました

 

劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~

今年泣いた映画その1

プリティーシリーズを総括するED テーマは涙なしには見られません

なんと言ってもタッキーゲーム

その狂気はシリーズファン皆を唸らせた名シーンです

 

仮面ライダーアマゾンズ

明るい牧場映画でした

 

 

ピーターラビット

ホームセンターの親父がウサギ駆除用にと、ダイナマイトを軽いノリで売り付けるシーンは熱かったですね

 

 

孤狼の血

暴力刑事の役所さんが熱かったですね

 

 

のみとり侍

阿部寛が豊川悦二にセックスを学ぶ映画です

 

いぬやしき

キャスティングがハマっており

佐藤健木梨憲武をボコボコにするシーンはキレてましたね

 

ラプラスの魔女

豊川悦二が面白かったです

 

デッドプール2

極限ラッキーな姉ちゃんの挙動が気持ち良い映画

 

 

犬ヶ島

ウェスアンダーソン監督の冴えた美的センスが光る長編ストップモーションアニメーション

 

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

司法取引を持ち掛けられた受刑者の教授がドラッグの販路を潰すため結束する

インテリ版オーシャンズ

 

あさがおと加瀬さん。

リズと青い鳥】と双璧を成した百合アニメ

緑化委員の山田さんが、超絶バリタチイケメンアスリート女の加瀬さんとひたすらイチャイチャする映画

超おすすめです

 

パンク侍 斬られて候

石井監督の最新作

狂ってます

しかしこの映画のタイトルが回収される下りはカタルシスがあり、非常に味わい深い映画です。

 

カメラを止めるな!

面白いですこれ

 

センセイ君主

虚無

ワースト2位

 

ペンギン・ハイウェイ

 私が見たかったジュブナイルSFはコレなんですよ
ファミリー映画の体裁をギリギリ踏み外したハードコアなSF
オタクが思い描いた理想のお姉さんがお出しされ、家族連れの客層から終始張り詰めた緊張感が醸される劇場の空気
お姉さんのおっぱいがストパンの尻と同じ扱いなのが良いです

 

ハングマンズノット

サイコパスの柴多さんVSイっちゃってるヤンキー影山兄弟の織り成す血みどろ大バトル映画
念願かなって見れた初阪元監督映画
最高だった!コレは大学に苛められるのも頷けるアナーキーでファンキーな仕上がり
ハングマンズノット、粗削りながら良い映画です

 

ファミリーウォーズ

この映画は自分の目で見て好きか否か噛み砕いて味わう映画
見るか否かを他人の評価で判断せず
気になったから見る感じが吉
生理的に気持ち悪い人間をひたすら見たい人向けの毒か薬にしかならない映画
強いて言うなら筒井康隆エログロナンセンス系短篇が好きな方は自信を持っておすすめです

 

死霊館のシスター

 シスターが自殺事件を起こしたルーマニア修道院を調査するため、バチカンから派遣された不可思議事件調査専門家の元従軍神父と第六感があるシスター見習いコンビが死霊館2に登場した凶悪極まる悪魔ヴァラクと対決するオカルトバトル映画
白石晃士監督のカルトに近い質感です

 

若おかみは小学生!

小学生が旅館の経営方針を巡ってバッチバチに喧嘩する若おかみは小学生のあのシーン、お仕事ファンタジーの妙が極まってて良いですね
小学生がこんな会話しねえよって気持ちが一切沸き起こらず、あの世界観ならこの二人はそういう会話するよなって思わせる説得力がある

 

DTC 湯けむり純情篇

若おかみとDTC を1日で見ました
家族を失った少女の傷を埋めるのが労働か?それともSWORD地区の面々か?というどうしようもない対比が、頭の中に渦巻いていて辛かったです。
幽霊に乗せられて労働を強いられるおっこVS SWORD のチンピラに乗せられてフラッシュモブを始めるおっさん
どう受け止めたら良いんだよ

 

アンダー・ザ・シルバーレイク

難解過ぎて1回見ただけでは噛み砕けなかったです
都市伝説の同人誌出してる人の顔つき、視線の動き、ガチでイッちゃってる人過ぎてゾクゾクしました
イッちゃってる人は陰謀論に行き着くアレですね
マウスオブマッドネスとか好きな人におすすめです
狂気と正気の狭間系ムービー

 

リリカルなのはDetonation

 PG-12だから、ミッド人より体が50倍強いから腹に何回か穴が空く女が出てくるし
主要キャラの腕が何回か吹き飛ぶシーンがある

 

止められるか、俺たちを

このタイプのクリエイターが情熱で突っ走る系は大好物なんですよね

数十年後に小林勇貴監督の映画撮影班にフォーカスした映画見たいなぁと思いました
映画で世間をぶっさらおうとした監督の映画見たいでしょ

 

カウボーイビバップ 天国の扉

TV 版も劇場版も物語の深い部分に、「男女間のドロドロしたいざこざ」「逃げられない過去に登場人物達がどう向き合うか?」みたいな重いテーマを扱う作品だから、軽快なSF捕物要素と絶妙なバランスで溶け合ってて最高なんですよね

 

ヴェノム

ヴェノムくん宿主に対して常に尊大な態度だけど、自分の実力と弱点を理解しているので、力に溺れて世界征服に乗り出さない所が超好感持てる

ヴェノムくんの性格がギャルゲーの頼りになる親友過ぎて、彼が元々ヴィランである事実が強く揺らぐ映画だった

 

映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリー

プリキュアは頼もしいヒーロー」➡「プリキュアも人の子、辛いときは辛い」
「赤ちゃん可愛い」➡「ワンオペ育児は人間の精神をいとも容易く破壊する」
上げて落とす、一連の流れが自然すぎて巧いなぁと思いました

 

ボヘミアンラプソディー

アイドル女児アニメ、特にプリティーシリーズを見ている人こそボヘミアンラプソディーを見てほしいです

プリティーリズムとプリパラの闇とキラキラをスポイトしたかのような塩梅です

クイーンの成長と乱れていくフレディーの精神
DMF のあいら、セカンドシーズンのみれぃを連想させるしんどさがあります

 

マンディ 地獄のロードウォーリアー

カルト軍団がやって来た辺りからマンディーという映画のエンジン掛かる感じ熱い
嫁を焼かれたニコラス・ケイジが便所で酒を煽る長回しからのデスサイズ鋳造、そして謎の黒人に預けているボウガンを取りに行き「狩りのシーズンだ、、、」と言う流れ、完全にイっちゃってて最高に高まりましたね

 

続・終物語

続・終物語は今までのシリーズを振り替えるナレーションに始まり、フワッとしたメッセージを投げ掛け今までのタイトルをバババンと出して終るので
実質ハイローザム3みたいなところある

 

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

いろいろ言われてきてる過去シリーズをブッチ切って最新のエウレカセブンをお出しされて凄く気持ちが良かったです

熱い怪獣映画見たかったら
ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューションを見てくださいって感じ

 

怪獣娘(黒)~ウルトラ怪獣擬人化計画

 良いトンチキアニメだったよ
謎の四畳半コント集団ブラックスターズがショボい侵略活動をする日常アニメ
グリッドマンも出る

ハード・コア

なんだかなぁって映画だったなぁ

 

恐怖の報酬 完全版

 40年前の映画の完全版が今年満を持して公開されました
2018年に見た60本の映画の中で断トツの1位です
フリードキン監督版『恐怖の報酬完全版』
魂が震える苦くて渋くて切ない最高な映画です
映画の魔術が心を焼き尽くします

 

ヘレディタリー/継承

 ヘレディタリー/継承の秀逸だった演出は音
何かが部屋を走り回る音が本当に劇場を走り回ってて、何かが舌を打ち鳴らす音は自分の耳元で聞こえます
劇場で見ると音響を生かしたホラー演出が楽しめます

霊的ボリシェヴィキ》と全く同じタイプの恐怖を描いてるんすよ《ヘレディタリー/継承》

人成らざる何かが地獄の底からやって来る系はやっぱり良いよね

 

来る

 来るは普段映画見ない人がフラっと観に行って腰抜かして欲しい系の映画
白石晃士監督のカルト、貞子VS伽椰子の系譜にあたる呪術バトル系ホラーです
物語の構成的にはシンゴジラよりも後者の2作、特にカルトが近いです
世界観が歪むレベルのキャラ力を持った霊媒師がやって来るカルト、貞子VSを見て!

 

 

ニセコイ

今年ワースト1位

虚無

 

 

 

 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER

圧倒的な電王の続編でした

 

 

 

アリー/スター誕生

プリティーシリーズが数年掛けて描いてきたスタァやアイドルや人間の闇や男と女の物語やなんやらかんやらが2時間ちょいで
アリースター誕生で描かれてるのヤバイよ
プリマドンナメモリアル以来、半年振りに映画で泣かされたもん
ヤバイ映画が出てきた
年末の魔物だ

 

レディーガガは化け物です

 

 

 

 

 

 

バーチャル化するキャラと私たち

バーチャルリアリティーが押し寄せてくる!

 

 こんにちは青腸です。

 

 ニコニコ動画世代のインターネット初老の私ですが、最近目まぐるしく規模が広がるため加齢も相まって、上手く追いきれていないコンテンツがあります。

 

 

 

 

増えるバーチャルYouTuber

 最早説明をわざわざする必要もない位にインターネット住まいのオタク達には馴染みが深い彼等ですが、何せ人数が尋常ではなく現在(2018年5月28日)その数は3000人を超えたそうです。

4月末からカウントして5月末へかけ1000人増えたそうです。

バーチャルYouTuberが3,000人を突破 合計チャンネル登録者数は1000万人以上に | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

  

私なりにバーチャルYouTuberとはなんぞや?と考えて見ました。

 

キャラ化するニッポン (講談社現代新書)

キャラ化するニッポン (講談社現代新書)

 

  11年前に発行されたこちらの本が取り上げるテーマはずばり「キャラ化」です。

 著書曰く「僕らは仮想現実を生き始めている。仮想現実で生きる以上、ぼくらは「キャラ」でしかあり得ない」と主張しています。

 正に今YouTubeを中心に拡がる発信アカウントのバーチャル化の機運を言い表しているような気がしてなりません。

 

そもバーチャルとは何か?

バーチャル(virtual)】
[形動]実体を伴わないさま。仮想的。疑似的。

 

 ここ半年で大きくインターネットを介して活動をしているバーチャルYouTuberにこの定義を当て嵌めると違和感を感じます。

 実体を伴わない何者かに我々は熱狂しているということにならないでしょうか?

 

 

 

バーチャルな存在をメインに据えたイベント

 

 2018年6月1日にこのようなイベントが開催されました。にじさんじ所属の月ノ美兎氏をメインに据えたトークショーなのです。スクリーンに写し出された彼女がリアルタイムで質疑応答するスタイルがとられた様です。

キャラたちに感謝されて涙が出た──ねづみどし・小林銅蟲 出演「月ノ美兎の朝まで起立しナイト」レポート – ページ 2 – PANORA

 

 スクリーンに写し出されたキャラクターで行われる興行は珍しいものでは無く、初音ミクのライブ【マジカルミライ】があげられます。

初音ミク「マジカルミライ 2018」

 

 マジカルミライは事前に用意された歌唱動画を順次投影するスタイルをとり、朝まで起立しナイトについてはスクリーンに投影されたlive2Dのキャラクターにリアルタイムトークを展開するスタイルが、両者のイベントを比較した際に見られる大きな違いでは無いでしょうか。

 YouTubeやミラティブなど利用したリアルタイムで行われるライブ配信からわかるように、ユーザーにコンテンツが提供されるまでのタイムラグは限り無く0になったと言えます。

 このようなイベントが催されている点から、実体を伴わないバーチャルな存在とリアルを隔たる境界は限り無く平坦化しているのでは無いでしょうか? 

 

 

 アバター獲得の新しい形

  先述のイベントは企業が組織的に準備した月ノ美兎というアカウントで成されたイベントです。企業を介さず個人で活動が成されているアカウントは無数に存在しています。

 彼等の活動形態はMMDやLive2D、果てはパペットを用いて作成されたアバターに肉声もしくは電子音声を重ねて、インターネットの動画配信サイトやSNSを用いて思い思いに情報が発信されています。

 発信される内容は台本が予め用意されたものを演じる、アバターに設定されたプロフィールに沿ってリアルタイムにロールプレイを行う、大きく別けて二つのパターンが存在します。

 生身のYouTuberとバーチャルYouTuberの違いについて考えて見ましたが、モニターに写る主役に重なるレイヤーがハンドルネームのみなのか、はたまた2次元的に生成されたアバターを着込んでいるか、匿名性の高さで比較するならバーチャルYouTuberの方が圧倒的に高い筈です。

 2次元的なアバター獲得による匿名性の取得文化はSNSを利用する者にとっては馴染みが深く、SNSでの発信は主にテキストによって成される2次元的な表現が主流です。

 SNSによる情報の発信によって何が成されているのか?

それは「キャラ化した私」のイメージを補強するロールプレイです。

 

 冒頭で取り上げた書籍「キャラ化するニッポン」が主張する社学の流れが、新しい臨界を迎えたのが正に今なのでは無いでしょうか?

 「私のキャラ化」によるアイデンティーの確立の形が、テキストで成される2次元的な表現から、更に2次元的に生成されたアバターを重ねることにより、リアルタイムでコミュニケーションが取れリアクション返せる2次元的でありながら奥行きを増したアカウントの獲得、バーチャルYouTuber化によって「新たにキャラ化した私」という形でアイデンティーの確立がシフトしているのではないのでしょうか?

 

 

 

アカウントのキャラ化がもたらす効果

 「身体とプロフィールのキャラ化」によりもたらされる効果は以下の通りだと考えられます。

キャラによるフィルターが掛かった発言ができる

・あくまでも架空のキャラによる発言ができる

・リアルでは発露しない私の内面を出す精神的抵抗が軽減される

 バーチャルYouTuberの配信をいくつか見ていると、自身の趣味に関する発言がリアルで発信される内容より、生々しさを帯びたもののように感じます。何故そのような傾向をし示すかは先述の3点を踏まえることで説明できるように思います。

 擬似的に生成されたアバターに私心を乗せることで、日常的に振る舞うリアルな私が持つイメージを崩すことが無くなり、よりおおらかな発言ができるのでは無いでしょうか?

 

 フランスの社会学ピエール・ブルデューの著書【ディスタンクシオン】にて「テイスト(人々の好み)は個人の好み以上の意味を持ち、テイストによって人々が自分と他人の間、仲間とそうでない者の間に線引きをする」と主張しています。

 要するにテイストの違いによりコミュニティーから仲間外れにされるリスクを回避する装置としてもバーチャルYouTuberは機能しているのでは無いでしょうか。リアルな場で発言が憚れるような趣味の話を自由にしても許される、ともすれば多くの同意や共感、肯定を受けることができるバーチャルな土壌は実に魅力的な場のように思います。

 

終わりに

 コミュニケーションの新しい形態の変容を発信アカウントのバーチャルYouTuber化「私のキャラ化」という形で、リアルタイムで展開されているのが正に今なのかも知れません。

 アイデンティーの電子的な獲得が自分の意思で自由にできる時代がやって来たオタク社会に注目したいと思います。